約300年の伝統を誇る 半田そうめん

半田そうめんの歴史は古く、実に約300年の伝統を誇っています。
事実、1754年に書かれた「日本山海名物図会」に「大和三輪、素麺の名物なり、細きこと糸の如く、白きこと雪のごとし、ゆでて太らず、全国よりいづる素麺のあわ及ぶところに非ず、又阿波路よりいづるも、名産なり、三輪におとらず。」と記されています。

藩政時代の徳島の城下町から麻植・美馬そして上流の三好地方への物資の運搬は、もっぱら平田船に頼っていましたが、半田そうめんは当時その川舟の船頭衆たちの手によって、三輪の方から淡路そして鳴門を経て半田の里にその秘伝が伝えられたそうです。
そうめん作りに、土地の風土・気候が好適なことと相まって次第に半田の産業の一つとなりました。

四国山脈から吹きおろす冷たい風と、吉野川の澄んだ水。
そして良質の小麦から作られる、半田の優れた風土を象徴する特産品「半田そうめん」。
その特徴は、半田そうめん音頭に「コシの強さにノドが鳴る」と歌われているように、やや太めでコシが強いことです。
全国的にみても最高級の品質を誇る逸品で、その独特の味は一度食べたら忘れられないと言われています。