半田手延麺 八千代製造工程

練作業・踏み作業 

早朝5時、半田麺作りが始まります。小麦と塩水を混ぜ合わせ、40分間じっくりと練りこみます。
練りこんだ生地を麺圧機に入れ回しながら麺に圧力をかけ、円状の生地に仕上げます。

STEP
1

いたぎ

円状の生地を幅約12㎝、厚さ約7㎝の麺帯にして桶に巻き込んでいきます。
熟成後、麺帯を3本合わせてロ-ルに通し、1本の生地にします。

STEP
2

2枚合わせ

熟成後、再度麺帯を2本合わせてロ-ルに通し、1本の生地にした後、その工程を繰り返し弾力のある麺帯にしていきます。直径3㎝ぐらいの麺になります。

STEP
3

荒ぎ・小より

熟成後、3㎝ぐらいの麺を荒ヨリで2㎝ぐらいの麺にし、小よりで鉛筆の太さになるまでその工程をくり返します。
次第に生地につやが出て滑らかになり、ねじりをかけることでコシのある麺に変化していきます。
この工程で米油を麺の表面にぬります。

STEP
4

掛け巻き

麺帯をねじりながらヨリをかけ、2本の串に八の字形をえがくようにあや掛けし伸ばしていきます。
そののち3時間寝かし熟成させます。

STEP
5

小びき

50㎝ほど麺を延ばし、もう一度2~3時間熟成させます。

STEP
6

乾燥・箸入れ

熟成後、麺を2mほど引き延ばし「はた」と呼ばれる道具につけていきます。
麺に箸を入れて均等にさばき、ひっついている麺をほぐしていきます。

STEP
7

乾燥

乾燥室で冷風乾燥機にて、3時間ほど乾燥させ、次の朝まで寝かせます。
翌日の朝一番からゆっくりと5時間ほどかけて乾燥させます。

STEP
8

裁断

麺の水分が13%以下になるまで乾燥させた後、19㎝の長さに裁断していきます。

STEP
9

選別・結束

麺の品質を人の手と目で厳しくチェックしていきます。
茹で・水分・金属探知機で各検査を行い、合格した麺のみを結束し箱詰めします。

STEP
10

保管

保管庫で麺を寝かし、その後、商品がお客様に届けられます。

STEP
11